いつもの川より

自宅近くを流れる川で出会ったカワセミ・生き物達の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-20(FRI)快晴

 支流のペアです。
 ついこの間、一番子達が親離れしたばかりだと言うのにもう二番子の給餌が始ま
 りました。
 このペアは一番子が巣立つ前から交尾をしていて、一番子が巣立つとほぼ同時に
 メスは抱卵に入っていたようです。
 川デビューした一番子達の給餌にメスがほとんど現れなかったのは、これが理由
 のようです。
 
 この日、最初に出会ったのはメス親。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/320

 直ぐに小さめの魚を捕まえて、巣に居るヒナ(二番子)の給餌に向かいました。
 魚の大きさから推測すると、ヒナが生まれたのはせいぜい2〜3日前といった
 ところでしょうか。
 一週前の土曜日にもここを訪れましたが、給餌はしていませんでした。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/3200
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/3200
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/3200
 



 オス親もメス親の直ぐ近くに居て、魚を狙っています。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/500


 オス親はいつも大きな魚ばかりヒナに与えているような印象でしたが、今回は小さめ?
 メス親と同じような大きさです。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 見事な嘴さばき。
 手も使わず(鳥ですからね)、魚を下に置く訳でもなく、器用に
 咥え直しました。

 
 すかさず給餌に向かいます。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/4000
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/4000
 魚を捕まえた場所がメス親と同じなので、飛行コースも殆どおなじです。
 二番子の巣立ちは7月11日前後でしょうか。

--続く--



スポンサーサイト

テーマ:カワセミの写真 - ジャンル:写真

2014/06/14(SAT)快晴


 この日は親離れしたばかりのカワセミのちび達を探して、支流を中心に10km近く
 歩きましたが、ものの見事に空振り。
 と言う訳で探さなくてもいくらでも居るカルガモメインになってしまいました。
 
 川トンボ
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/250
 子供の頃から川トンボと呼んでいますが、正式名称を知りません。
 調べて見たところ似たようなトンボの写真は見つかりましたが、なんとなく
 しっくりこなかったので取り敢えず、川トンボのままで。


 支流のオス親カワセミ
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/640
 この日は手ぶらで巣穴方向と川をせわしなく行ったり来たり。
 何やら落ち着かない様子。
 巣立ったヒナ達の面倒を一手に引き受けて、立派でした。
 ちなみにメス親カワセミが子育て放棄した訳ではありません。
 その辺の事情についてはまた後日。


 カルガモ
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/2000
 片足の方が楽なのでしょうか?
 私にはある種の筋トレにしか見えません。

 
 こちらは自宅近くのカルガモ一家
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/800
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/200
 3時間ほどの間でおよそ600mも川を下ってきました。


 こちらは・・まあ・・
 IMGP5270_6.jpg

 上に乗っかってたオス
 IMGP5278_7.jpg
 IMGP5280_8.jpg


 自宅近くのオス親カワセミ
 IMGP5266_9.jpg
 自宅近くのペアは、メス親も積極的に巣立ったピナ達の面倒を見ていました。
 カワセミの子育ては、ペアによってかなり違いがあるのが面白いです。
 ヒナ達は親離れしてもう居ないのですが、この後、巣穴の方向に飛び去って
 いきました。

 --続く--

コゲラの巣籠もり記録

 ”コゲラの子育て”記録を狙っていたのですが、親鳥の巣籠もりシーンしか撮影出来ず。
 ”コゲラの巣籠もり記録”などと情けないタイトルになってしまいました。
 記録失敗ですが、その顛末を。

 -- 5/17(土)--
 偶然、コゲラの巣を発見!
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/400



 -- 5/22(木)--
 巣籠中
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/320
 ”ギー、ギー”と鳴きながら近づいて来るメスの声を聞いてか、外を窺うオス。
 待ち遠しかったのでしょうね、一気に飛出して行きました。
 
 
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/320
 巣の中をチェックするように覗くメス。
 


 -- 5/24(土)--
 じっとしているのが退屈なのでしょうか、時折顔を出しては外を見回します。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/1000
 性別不明。
 童顔なのでヒナにも見えますが、ひなの嘴は黒く無いので親鳥だと思います。
 何故か、嘴に木屑のような物をくっ付けている事が多いです。


 -- 5/25(日)--
 巣に入ろうとしているメス。
 周囲の警戒を怠りません。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/640
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/400
 オス・メス交代で子育てしているのですが、何故か巣に入るところの写真は
 メスばかりになってしまいました。




 -- 5/29(木)--
 巣にゆっくりと近づいて来たメス。
 そう、この写真もメスなんです。
 コゲラは時間に厳密なのでしょうか(笑)、いつも出勤前の同じ時間に撮影する
 ので、ちょうどメスの勤務開始時間なのかもしれません(多分、そんな事はありませんが)
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/160
 中に入ると必ず外を窺います。 



 -- 5/31(土)--
 またもやメス。
 青虫を咥えてやって来ました。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/250
 ヒナが生まれたようです。



 -- 6/1(日)--
 気温がついに30℃を越えました。
 こんな日に巣籠もりしているのは、さぞかし辛いのでしょうね。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/320
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/160
 これも親鳥だと思います。
 なかなかヒナが顔を見せてくれません。


 -- 6/3(火)--
 この日は沢山の虫を咥えて来ました。
 ヒナは順調の育っているのでしょう。
 しかし随分と沢山の虫を器用に咥えてくるものですね、感心します。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/800
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/640
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/160
 そろそろ巣の入り口で給餌するのではないかと期待したのですが。



 -- 6/10(火)--
 梅雨の雨降りの間も出勤前に巣のチェックをしていたのですが、ヒナ達の姿を見る事は
 出来ませんでした。
 この日、いつもいろいろと情報を頂いているISHIさんから、前日に巣立ったことを教え
 て頂きました。
 カラスの巣がすぐ近くにあり、襲われるのではないかと心配していたので、無事巣立っ
 た事は何よりです。

 --続く--

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

一番子達の記録

 自宅近くで子育てをしていたカワセミペアのヒナ達が巣立ち、梅雨の合間に撮影した川での様子です。
 
 --6/4(水)--
 この日がヒナ達の川デビュー。
 川デビューしたばかりだと言うのに動き廻るので、少し成長し過ぎている印象。
 どこか別の場所で生まれた幼鳥が紛れ込んだのかとの思いが浮かびましたが
 疑念を晴らす術はありません。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2000 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2000 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2000 SS:1/1250


 --6/5(木)  巣立ち二日目--
 一羽だけ離れた所にいるヒナに親鳥(オス)が声を掛けますが、ヒナは鳴き返すだけ。
 群れに合流しようとしません。。
 そこで、親鳥は奥の手(餌)で釣り出しにかかりました。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:1600 SS:1/500
 視線の先にヒナが居ます。
 親鳥の位置からは4メールほど上の桜の枝の中です。

 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:1600 SS:1/1250


 --6/8(日)  巣立ち五日目--
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/200
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:3200 SS:1/500
 右側で魚を咥えている方が親鳥(オス)


 --6/9(月)  巣立ち六日目--
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1000
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1000
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1000


 --6/10(火)  巣立ち七日目--
 兄弟が仲良くするのも難しくなって来たようです。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1250 
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:2500 SS:1/1250
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:400 SS:1/320

 --6/14(土)  巣立ち十一日目--
 四日ぶりに川へ行くと、賑やかだった川が静まり返っています。
 六羽いたヒナ達は、みな自立していった(させられた)ようです。

 --続く--
 





 







テーマ:カワセミの写真 - ジャンル:写真

2014/06/03(WED)晴れ時々曇り

 自宅近くのカワセミ夫婦は巣穴で子育て中です。
 この日、ヒナ達が川デビューすると確信して午前半休みして待ちましたが、あえなく空振り。

 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/400
 かわりに、ちょっと不気味な雰囲気のオスのツミ。
 居場所を教えて頂きまして大変ありがとうございます。

 --続く--

2014/06/01(SUN)快晴

 自宅近くで子育てをしている母カワセミです。
 
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL IS?O:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500



 
 巣穴で待つヒナ達に魚を運ぶ度に、川に戻ると同じ場所で水浴びをします。
 そのせいか、綺麗だった羽はいまやボロボロです。 
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:640 SS:1/2500
 飛び込んでから岸に戻る迄でおよそ1秒


 --続く--



テーマ:カワセミの写真 - ジャンル:写真

2014/05/31(SAT)快晴

 自宅からおよそ1kmほど下ったところにある支流で子育てをしているペアのヒナ達が
 川デビューを飾りました。
 7〜10日ほどの間、親鳥に面倒を見てもらいながら自立への道を歩みます。

 朝一番で出会ったちびセミです。
 子育てでお疲れ気味の親鳥とは対象的に、愛情タップリに育てられたヒナ達は
 毛並みがツヤツヤしています。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/500
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/320
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:400 SS:1/1250



 5羽兄弟のようですがバラバラに飛び廻ってしまい、兄弟が並んだ姿を撮るのは難しいです。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/400
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:200 SS:1/400


 怪しい奴め!
 お父さん仁王立ち。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:800 SS:1/500
 親鳥のヒナ達への目配り・叡智にはただただ感心するばかりです。



 なんだろう?
 そんな感じでしょうか、人の子もカワセミの子も好奇心旺盛です。
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/200
 撮影機材 PENTAX K-3+BORG71FL ISO:100 SS:1/160
 <この2枚は2014/06/02撮影>


 --続く--

 

テーマ:カワセミの写真 - ジャンル:写真

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。